現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

朝ドラ わろてんか 40話 感想 ネタバレ-小屋の色・しおりんキャラブレ-

文鳥師匠は伝統派であり看板も背負っている。

簡単に出すわけにはいかない。

ここでスポンサーの伊能製薬の息子が一緒に来たとしても

自分の所の小屋を下げるような行為はしないよね。

自分のとこの小屋の色は何色やと言われ答えられないと藤吉。

それぞれその小屋の色がある。席主は何年もかけて色をつくる。

色をつくってからお願いしにくるのが筋。


凄くドラマになってた(ドラマだけど(笑))

文鳥師匠にしおりんが子供の頃、とんがらし入りのカレーだと言われていて食べてみたら甘いカレーで騙された話で

その仕返しができると思っていたしおりん。可愛いな。

藤吉がしおりんを栞くん呼び(藤吉いつのまに下の名前で呼ぶ中に)

キャラがちょっとブレてるやんって言いたいんやな(笑)
きっと人生なんて、上手くいかない事ばっかりだ

でも、たった一つだけでいいから、これだけはやり遂げたぞっていう生きた証が欲しいよな


しおりんは、自分の母親に気付いてもらえるようにかなって思う、今の所は。

写真・・カメラ・・?

・・しおりんの来世は民衆の敵の藤堂誠かな←

そういえば日本中回って噺家さんを探すって言ってた気がしたんだけど

自分の小屋のコンセプトを決めないと!色を作ってからと言われたのに・・。

万丈目がネタがウケずにとても可哀想だった。見てる方も言葉を失った(笑)

それにしても、なすと、かぼちゃと、地主の所の意味が分からなかったんだけど(笑)

当時の何かの流行りなのかな。ナレーションで説明が欲しかったです。

あと、ちょっとここにキュンとしたのが万丈目が畳で嘆いてた時に

ちょうどその手が藤吉の所まで届いてて

2017-11-16 (4)

慰める感じで手をポンポンしていたのを見て

アドリブなのかな、可愛いなって思った。

そのポンポンされる藤井隆さんも可愛いなと思いました。

連続テレビ小説わろてんか(Part1) (NHKドラマ・ガイド) [ 吉田智子 ]


わろてんか(上) NHK連続テレビ小説 [ 吉田智子 ]




吉本せい 笑いを商売に変えた吉本興業創業者の波乱の人生 NHK連続テレビ小説「わろてんか」の真実の物語



NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]




連続テレビ小説 わろてんか 完全版 ブルーレイ BOX1【Blu-ray】 [ 葵わかな ]


関連記事

0 Comments

Post a comment