現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

ドラマ 陸王 第7話 感想 ネタバレ

■あらすじ■
タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!
もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?
(陸王公式サイトより引用)



大地が織物会社をリストアップしていて片っ端からあたるしかないないと。

やる気になってくれているので、このまま頑張ってみて欲しいと思う。←何様

前に見送りになった雑誌の取材で茂木のインタビューをしたいとの話があって承諾する。

そこで陸王の事を話した茂木。私も6話でそう思ってた、これで少し知ってもらえる機会ができる。

そんな中、こはぜ屋の開発室でシルクレイ製造機が壊れそこから火花が出てボヤ騒ぎとなった。

シルクレイを作れなくなり、銀行からも借りることができない。

飯山にフェリックスという会社がシルクレイに特許の年間6000万で使用契約という話がくる。

雑誌のインタビューでは言ってもない事が書かれていて・・これマスコミと一緒じゃん・・と思ってしまった。

写真も小さくてインタビューも言ってもない嘘の記事を書かれ・・記者も言わされてる感あったし。

やっぱアトランティスの仕業か・・お金でなんでもできるんだね・・・。茂木をこんな形で落として勝とうと思ってるなら毛塚はこんなんで嬉しいのかな。実力じゃないのに
坂本さんも大変なんだな。良かれと思った事がその人にとっては裏目に出てしまう。

銀行以外の資金調達・・。坂本さん、凄い親身になってくれる。こんな銀行員いるのだろうか・・。

成功すると思っているから諦めずに頑張って欲しいんだね。

ジュピター好きなんだけど、平原綾香さんじゃない方が歌ってるのが慣れなくてまだ流れても苦手です・・(ファンに方にはごめんなさい)

大地も陸王を諦めて欲しくないから、アッパー素材の織物会社に営業、交渉しに行っている。

息子の気持ちにやっと気づいた宮沢社長の泣いてる顔につられ泣いてる私。

銀行員100人が1億借りる事に反対する。101人目にあたってみようと思う。

ドリカムの何度でも歌詞のようだね。歌詞は書けないけど、101人目だったら何か変わるかも。

投資会社に就職する坂本に投資できるかどうか検討してもらう。

飯山も宮沢の決意を聞いてフェリックスでの契約をしない事に決めた。

投資会社はダメだったけど、会社を売る事を提案。

えっ!?こはぜ屋が買収されちゃうの?

しかもフェリックスじゃん!飯山が契約しようと思ってた会社。

松岡修造・・社長!!

2017-12-04 (4)

敵か味方か・・。それにしても・・身長が高くスラっとしてるから、スーツ姿で空港歩いている修造が・・とてもカッコイイ!

男前でビックリしてる(笑)演技力も見てみたい。CMでしか見た事ないから。楽しみになってきた。

【先着特典】陸王 -ディレクターズカット版ー Blu-ray BOX(ポストカードセット付き)【Blu-ray】 [ 役所広司 ]




陸王 [ 池井戸潤 ]




TBS系 日曜劇場 陸王 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]




U-NEXTなら31日の無料期間有りです。600ポイント付き。ダウンロードも可能なので、インターネット接続が不安定な場所や圏外などのオフライン状態でも視聴できます。詳細はこちらからU-NEXT
関連記事

0 Comments

Post a comment