現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

大河ドラマ 西郷どん 1話 『薩摩のやっせんぼ』 感想 ネタバレ

■あらすじ■
天保11年(1840年)薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を切磋琢磨(せっさたくま)する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で小吉たちは一番乗りで寺に到着。褒美をもらい薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをするが、小吉らに恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、小吉は二度と剣が振れなくなってしまう。



オープニングは壮大で亀が出たり・・亀・・。

小吉が可愛い。
スクリーンショット (84)

終始、方言が何言ってるか分からなかったので・・字幕つけて観ていました。

どの時代も子供はお菓子には目がない。。可愛い。

子役がめっちゃ走らされる回だね(笑)

直虎では竜宮小僧だったけど、西郷どんは天狗か(違う)




薩摩隼人(薩摩の武士)になりたい小吉。

なれるんじゃないかなと思っていた矢先に・・。

切られて高熱が出た、そそて刀を握れなくなる。

この時代、刀を握れなくなるのは辛いよね。人を斬る為じゃなくても自分を守る為であっても。

でも銃あるよ←

赤山靱負・・おとうちゃん、なんで・・名前、実でしょう?奥茨城から東京に行って行方不明なってたの・・はい。ひよっこ←

スクリーンショット (83)


小吉いい子だ・・








さりげなく、かつ男尊女卑の文化に対する投げかけをしている。

小吉は女の子の気持ちを分かろうとする。

お腹痛いのかもそうだけど、相手の気持ちをちょっとでも分かろうとするのはモテるよ・・。

弱い者たちの声に耳を傾けてが、この作品の中心になるのかなと。

直虎では苦手な人が出てなかったんだけど

今回、1話に好きじゃない俳優が出ていて・・。これからも、ちょこちょこ出てくるんだよねと思うと・・。


面白いから観ていこうとは思う、でもそこがネック(笑)←


見逃した方U-NEXTなら31日の無料期間有りです。600ポイント付き。ダウンロードも可能なので、インターネット接続が不安定な場所や圏外などのオフライン状態でも視聴できます。詳細はこちらからU-NEXT



西郷どん! 並製版 上 [ 林 真理子 ]




2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」完全読本 (Nikko mook)




大河手帳2018 西郷どん


関連記事

0 Comments

Post a comment