現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

朝ドラ わろてんか 83話 感想 ネタバレ -しおりんの関西弁と卵焼き-

■あらすじ■
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、記憶喪失の志乃(銀粉蝶)が伊能(高橋一生)の実の母だと知って何とか仲を取り持とうとするがうまくいかない。そんな時、伊能が関東大震災の被災者に救援物資を送るのは、売名のためだと書き立てるゴシップ記事がたくさん出る。志乃は伊能のことが心配になり、手作り弁当を持って伊能の会社を訪ねる。そこへ新聞記者たちが押し寄せ、騒ぎに巻き込まれた志乃が倒れて床で頭を打ってしまう。

そうでっか、おおきに・・しおりんが・・イッセータカハシが、関西弁を喋った・・。

小切手を藤吉達に渡し、志乃さん(しおりんの母)の暮らしを立ち行くようにして欲しいと。

もし、記憶が戻ったとしても会わない気かよ、しおりん。後悔するぞ・・。

確かに、ほんまの親子やけど、ダメな時はダメって時もあるんやで藤吉。

でも、志乃さんはそういう感じではないから、また戻れる気がするよ、一緒に暮らしていた時のように。

だって、震災の時に、へその緒を取りに戻った母親だから子供を想ってないわけじゃない。

理由があるから、しおりん・・。

そして、しおりんの元にご飯を作って来た志乃さん。

スクリーンショット (96)

卵焼きと、煮物が美味しそう

おふくろの味でむせる、そうだよね、この卵焼き作ったのも背中擦ってくれてる人も母親だし。卵焼きは甘めだし。

そこに記者がくる。

この人はね、あんたらみたいなゲスな人間じゃないんだよ

そうだぜ、だから有働さん家まで来るのもやめろよ!←

記者に押されて志乃さんは倒れ頭を打ってしまう・・そこで母さん、おふくろって言えれば良かったけど

記者いたしな・・。

おてんちゃんが言ってたのは39話

スクリーンショット (97)

へその緒が入った箱に、栞って名前書いてあった、やっぱり、母親だ。

もしかして明日、泣ける回かな・・。

今日の卵焼きの所とか、しおりんの背中擦ってあげてるシーンで泣きそうになった。

連続テレビ小説 わろてんか 完全版 ブルーレイ BOX1【Blu-ray】 [ 葵わかな ]


関連記事

0 Comments

Post a comment