現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

大河ドラマ 西郷どん 2話 『立派なお侍』 感想 ネタバレ

■あらすじ■
青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役をつとめていた。年貢が払えず困窮する百姓たちを助けようと奮闘する吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。藩の悪政に怒った吉之助は家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。(Yahoo!JAPANテレビより引用)



10人の大家族になった西郷家。今の時代は核家族だし、さぞにぎやかだったんだろうなぁ・・あと消費税がないし←

スクリーンショット (114)
変態仮面の転生前

いや吉兵衛よ・・長男ばかりに全部背負わすのは、あまりにも酷くね?あんた酒飲んでたがな。

西郷どんのHP見たらダメ親父と書いてあった。私も思う。

吉之助が助けた家族が気になり家に行き、自分の家より酷い生活をしていた。

貧しい生活をしていた家族で白い米が入ったご飯を食べた事がなかった子供達が笑顔で食べてるのを見て泣いてる自分←

正助の祝いに来た赤山とあの足の速かった糸もついてきた。

昔は女性は選挙権もなかったから、差別というか格差みたいなのは結構酷い。

今は、色んな選択肢があるけど、昔は家庭に入る事が一番と考えられてる時代。

15で姉やは嫁に行きという童謡の赤とんぼという歌もあるくらいだし。

吉之助と正助と糸、三角関係になるのか!?

か弱き者の声を聞き民の為に尽くせる者が真の・・

直虎も民の声を聞いていたぜ。

食べ物を粗末にする人間がお国の将来を語るのはおこがましか!

そうだそうだ!

斉彬は出ていくのね・・。

調所広郷に百姓の貧苦を訴え、定免法ではなく、取れ高に応じて年貢を決める検見取り(けみとり)にして欲しいと願い出る。

薩摩藩は年貢の取り立てがキツイ。直虎を観てたせいか、

この時代、仕方ない事なんだろうけど、もう少し農民の為に考えてくれはしないのか・・。

今の時代とこの頃とそんな変わらないんだなって思う。

こんままでは百姓は食うや食わずでしんでしまいもす。

百姓が死んだら薩摩そんもんがなくないもす。

どうか、お届き届けやったもんせ!お願いでございもす!!


西郷とやら、何年にか一度、お前のようなくちばしの黄色い者がやってくる。そげん言うなら教えてやろう。

多少の不浄金が回ろうとも年貢の取り立てが上手くいくなら

そいもお家のためじゃ。薩摩の政を守っための忠義ちゅうこっじゃ。


忠義。畏れながら民百姓はお殿様からのおあずかりものではごわはんか?

薩摩ん民は殿様ん大切な子どもでございもす。我らはそん百姓を大切にまもらんにゃないもはん。

おいは、そいが民の上に立つもんの忠義じゃち思っちょいもす


検見取りを許すの早っ(笑)できないだろうって思っているから許したのか・・。

直虎にも隠し里があってだな、責任をなすりつけた人もいるのでな(笑)

迫村の隠し田があった、だから農民は浮かない顔をしていた。

ここまで年貢の対象となると定免以上の年貢米を納めなければならないから。

糸の家で雇えなくなり、ふきが借金のかたに連れ去られようとしているといいます。

お侍さぁ、もうよかです。私が行けば借金が消えもす。

辛すぎる・・。子役の子がとてもいい演技をするので泣きました。

吉之助は斉彬に意見書を手渡す事が出来ませんでした。すれ違いが続くのかな・・。


見逃した方U-NEXTなら31日の無料期間有りです。600ポイント付き。ダウンロードも可能なので、インターネット接続が不安定な場所や圏外などのオフライン状態でも視聴できます。詳細はこちらからU-NEXT


西郷どん! 並製版 上 [ 林 真理子 ]




2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」完全読本 (Nikko mook)




大河手帳2018 西郷どん


関連記事

0 Comments

Post a comment