現実逃避を好きなものだけで

ARTICLE PAGE

ドラマ ドルメンX 最終回 -劇場版に続く- 簡単な感想 ネタバレ

■あらすじ■
ワンマンライブで、2千人を埋められなかった時点で解散! 羽多野社長(徳井義実)が課したハードルに気合が入る隊長(志尊淳)、イチイ(浅香航大)、ニイ(小越勇輝)、サイ(堀井新太)、そして修吾(桐山漣)。しかしライブが目前に迫る中、チケットは大量に売れ残ってしまっていた。このままでは侵略計画は失敗。隊長たちは地球から消えてしまう運命なのだ。野望はここで途絶えてしまうのか!?




ミュージカル力士の貴公子はオーディションという名の相撲稽古のようなものだった(笑)

そこにいちいち来てチャラチャラしたいんだろう?と隊長たちにいちゃもん付けてくる男がいたが

それは嫉妬であると。確かにそうだ。なにか羨ましいんだろうなって思う。

そしてそれをこちらでエネルギーに代えてと隊長。

負けないって気持ちをもつことが大事よ。

そしてライブ当日、羽田野もビックリするほどたくさんのお客さんが来たのだ。

一緒にオーディションを受けて修吾は落ち友人だけが受かっていてアイドルに。

少し二人の間に距離があったが仲直りをした。

そして修吾が自分の友人のアイドルに力を貸して欲しいと頼んだのだ。

スクリーンショット (65)

結構流して聞いてた歌。ドルメンXが歌っているんだけど

歌詞に宇宙人も地球人もみんな同じだからって台詞あるのに、その次の歌詞が

快く地球譲って下さい~ どうぞどうぞ

さりげなく地球征服しようとしてるのを歌詞に入れてる(笑)

ライブは成功!そして2018年6月15日に劇場版公開!



15年後となっている。宇宙人は若いままだけど地球人は年をとる。

修吾は地球人だし、どうなっていくのだろう。

【送料無料】[先着特典付]劇場版 ドルメンX/志尊淳[DVD]【返品種別A】




ドルメンX 1 スポ根系アイドル男子コメディ!! (ビッグコミックススペシャル ヒバナ) [ 高木ユーナ ]



関連記事

0 Comments

Post a comment